2012年3月30日金曜日

温度調節機能の無いヨーグルトメーカーでカスピ海ヨーグルト作り(2)実験結果

今朝、8時30分頃に、ヨーグルトメーカーを開けて見たら、
牛乳がまだシャバシャバな状態でした。
「やっぱり、このヨーグルトメーカーでは駄目なのかなぁ・・・」
と不安になりながらも、
「まだ16時間経ってなからね」
と思い直して、待つことにしました。

※【注意】 カスピ海ヨーグルトの乳酸菌は振動にとても弱いので、
作っている最中に強く揺さぶったり、頻繁に移動させないでください。
どうしても移動させたい場合は、できるだけゆっくり、丁寧に扱ってください。

そして、16時間経過した10時30分。
ジャーーーン!!
\(^o^)/ プルプル♪になってます。
そして、粘りのあるトロトロ~です。

「ヨーグルトの願い」のショップには、こんな風に書いてありました。
Q.どんな状態になったら出来上がり?
ヨーグルトの願いは、少しずつ固まっていくのではなく、最後の1~2時間で急激に固まります。
ですので、なんとなく固まってきたらあと1~2時間で固まる目安としてください。
容器ごと軽く揺らしてみて、固まっていれば出来上がりです。




お味は酸味が少なく、食感はなめらかで、とろ~り、もっちりしています。
ヨーグルトにありがちな、酸っぱそうな匂いもありません。
まさに、カスピ海ヨーグルトです!
市販されている普通のプレーンヨーグルトとは、全然違う美味しさです。

途中、心配になりながらも、大成功の仕上がりでした。
ああ、嬉しい~ ヾ(●´∀`●)ノ゛

とりあえず、保存容器をまだ準備していなかったので、↓こんな状態で冷蔵庫へ入れました。

・・・という訳で、
カスピ海ヨーグルト専用のヨーグルトメーカーや、
温度調節機能のあるヨーグルトメーカーが無くても、

単純な機能のヨーグルトメーカーでも、工夫をすれば、カスピ海ヨーグルトができる

という実験結果でした。

⇒[温度調節機能の無いヨーグルトメーカーでカスピ海ヨーグルト作り(1)実験開始]
⇒[温度調節機能の無いヨーグルトメーカーでカスピ海ヨーグルト作り(3)増やす]
⇒[温度調節機能の無いヨーグルトメーカーでカスピ海ヨーグルト作り(4)とても美味しくできた♪]