2014年2月21日金曜日

うちで使っているお砂糖(きび砂糖、粉末黒砂糖)

我が家で使用しているお砂糖です。



きび砂糖と、粉末黒砂糖(加工黒糖)です。

料理、お菓子、飲み物、すべてこのどちらかを使用しているので、
うちには白砂糖がありません。

また、甘みを付けるために、蜂蜜や、オリゴ糖、メイプルシロップを使うこともあります。



【きび砂糖】

原材料名は、粗糖(そとう)となっています。

粗糖は、さとうきびやてんさいを産地において搾汁、または糖分抽出した後、結晶化させたののです。
原料の生産地で作られ、いわゆる白砂糖やグラニュー糖などの砂糖の精製糖の原料として使われます。
純度がやや低く、黄褐色をしています。

使いやすい粉末状で、まろやかな甘さです。


【黒砂糖(加工黒糖)】

原材料名は、粗糖、黒糖、糖蜜となっています。

サトウキビの風味が活きていながら、まろやかな甘さで、料理に使いやすいです。

黒糖→黒砂糖(Wikipedia)

(Wikipediaより引用)
黒砂糖(くろざとう)とは、サトウキビの絞り汁を煮詰めて作る黒褐色の砂糖である。
甘味料として用いる。
一般に黒糖(こくとう)、マスコヴァド(英: muscovado)や、産地の奄美大島から称される大島糖(おおしまとう)などと呼ばれている製品を含む呼び方である。
黒砂糖をbrown sugarと訳している和英辞典もあるが、これは多少糖蜜を残して精製した三温糖や赤砂糖、主にコーヒー用に用いる結晶状のコーヒーシュガーなどのことである。

糖蜜(Wikipedia)