2012年2月26日日曜日

塩麹でおにぎりは出来ない?! 酵素が働いているから

日曜日のブランチ。

塩こうじ味のおにぎり(おむすび)を作ってみようと、
少し湿らせた手のひらに、塩こうじを少しのせて、
ほかほかご飯も手のひらにのせて、
いつものようににぎにぎ・・・
あれ~~っ?? お米粒がポロポロ落ちる。
お米の粘り気が無くなっている感じで、お米同士がくっつかない!
手に水を付け過ぎたかな~?
塩こうじの水気のせい?

同じように少し湿らせた手のひらに、お塩を付けて、
ご飯を握ってみたら、当然のことながら、普通におにぎりが出来ました。

考えてみました。
塩こうじには、酵素が活きているんですよね。
だからきっと、酵素の働きで、ご飯のでんぷんの粘り気が無くなっちゃったのです。
それで、ポロポロして、おにぎりの形がうまく出来なかったようです。

すごいですねぇ! 塩こうじの酵素の力!

崩れた形のおにぎりを食べたら、うまい! (@o@)"超うまい!
形が崩れていたって、美味しい!
感動しちゃいました。

ますます、おにぎりの形にして食べたくなりました。
それで、おにぎりとして形を作った後で、塩こうじをスプーンで片面に薄く塗りました。
う~~ん♥本当に美味しい。
アジシオで握ったおにぎりの味にちょっと似ています。
つまり、旨味があるということですよね。
そして、こうじの風味が香ります。
大げさかもしれないけれど、「日本人で良かった~」と言う感じがします。
化学調味料では出せない素朴さで、幸せになれる味と風味です。

あ、そうそう、おにぎりの表面に塩こうじを塗っただけでも、
時間が経つとおにぎりの形が崩れてきますので、
作ったらすぐに食べてくださいね。

※ アジシオ(味の素の商品。海水塩に、昆布のうま味の素であるグルタミン酸ナトリウムを混合、さらにグルタミン酸ナトリウムでコーティング)


ところで、あなたは、ご飯を握ったものを、
「おむすび」と言いますか? 「おにぎり」と言いますか?

でも、別にご飯を握らなくても、ご飯の上に塩こうじをのせて食べるだけでも、実は美味しい!
具は何も要らないんですよ。
おにぎりを食べた後で、実際に試してみました。
塩こうじ丼! (笑)
お供は⇒麹漬け(こうじでおつけもの)

小さい頃のお話、家で留守番をしていて、小腹が空いた時に、
白ご飯にアジシオをふりかけて食べたことを思い出して、
とても懐かしかったです。(;^∀^)
塩こうじ 塩麹 酵素 おむすび おにぎり